Noosa Surf Festival へ弾丸トリップ

2017 / 03 / 21

バイロンベイサーフフェスティバルの余韻に浸りながら、
今度はバイロンから北へ300キロのヌーサへ!

仲良しのクリスタルと一緒に1泊2日の弾丸トリップ
してきました。

thumb_IMG_7671_1024

thumb_IMG_7674_1024

 

道中はずっとおしゃべりしてたらあっという間に着いた。
渋滞なしだと3時間半で着きます。以外と早かった。

1週間にわたって開催されるロングボードの大会には
なんと世界中から900名近いエントリー者数が
あったといいます。

thumb_IMG_7678_1024

thumb_IMG_7677_1024

大会会場のメインビーチはあいにくのスモールコンディション
だけども、世界のロガーたちの華麗なるライディングを
観戦できました。

腰ぐらいの波だけど、ノーズライディングをささっと
簡単にきめられちゃうあたり、さすがです。私もいつか。。。

thumb_IMG_7684_1024

thumb_IMG_7688_1024

thumb_IMG_7689_1024

 

本大会のメインビジュアルを手がけたアーティストの
IKI YASUO君とパートナーのあゆみちゃんとも会えました。

thumb_IMG_7694_1024

幸いなことに、クリスタルの友人でサンディエゴからやってきた
トリーとそのパートナーであり大会にもエントリーしてた
シェイパーのジョッシュホールが泊まっていたところに
お世話になることができて、宿代も浮いてラッキー!

thumb_IMG_7786_1024

thumb_IMG_7683_1024

着いた初日は、ヌーサローカルであり、
ウッドサーフボードの第一人者、トムウェグナーの
インタビューと撮影に追われ、波乗りはお預け。。

thumb_IMG_7702_1024

最近、サーフィンの歴史、サーフボードの転換、
自身のウッドボードへの取り組みなどについて
本を出版したトム。

ボードづくりへの情熱と研究を絶やさないトムは、
サーフボード業界に革命をもたらしながらも
常に少年のような無邪気さと好奇心で奢らず、
誰に対してもとっても謙虚で心優しい。

こちらは最新作のコルクボード。

 

誰にでもサーフボードが作れるように、簡単な材料で
つくったんだ。

 

thumb_IMG_7707_1024

インタビューの様子と内容は、また後日!

バイロンから移動してきたノビーさん、日本から
きていたトオルさんとも久々の再会。
こうしてオーストラリアでサーフィンを通じて
また交流できるの、嬉しいなあ。

thumb_IMG_7710_1024

thumb_ChrystalDawnPhotography_Surf 14_1024

 

 

翌朝は気合い入れて早起きしてメインビーチの
奥のポイント、ティーツリーへ。駐車場に車を
とめて海沿いのボードウォークを歩くこと10分。

thumb_IMG_7714_1024

 

約10年前にヌーサにきたときは、このボードウォーク
なんて存在していなくて、森の茂みをかき分けて
狭いでこぼこ道を歩いてやってきたような。。。

今回もそれを予想していて、ボード持って歩くの
つらいなーと思っていたら、見事綺麗に舗装されていて
ハイキングコースになっていて超快適!!

thumb_IMG_7716_1024

thumb_IMG_7790_1024

 

thumb_ChrystalDawnPhotography_Surf 3_1024 thumb_ChrystalDawnPhotography_Surf 7_1024

着いたころは満潮時だったので、ローカルのアドバイス通り
潮が引くのをビーチで待ってから入水。

thumb_IMG_7778_1024

 

thumb_IMG_7755_1024

タイドが引くとだんだん割れ始め、セットでときたま胸ぐらい
綺麗に割れるブレイクはロングライドできて、水もめちゃくちゃ
綺麗で、イルカもいて、まさに楽園のような景色です。

thumb_IMG_7787_1024

旧友との再会もあり、新しい出会いもあり、
サーフィンがつないでくれたご縁にまた感謝ですね

 

thumb_IMG_7766_1024