バイロンベイツアーVOL1. <サーフキャンプ編>

2015 / 02 / 08

バイロンベイツアーもいよいよ後半戦へ。
英会話学校は午前9時から12時半までなので、
授業の前や後にサーフィン出来る時間もたっぷり。

中古のアルメリックサーフボードを
$450(フィン付き)でゲット。寒い日本を離れて
透き通る暖かい海でのサーフィンを楽しんでいました。

IMG_0688

バイロンベイの街中にあるサーフポイントで
もっとも有名なのは、The Pass (ザ パス)でしょう。

IMG_0724

IMG_0729

ビーチは、北西を向き、波質は数百メートルは乗れる
パーフェクトなライトハンダー。ロータイドに向かう
時間帯がベストです。

だいたい混雑していて、慣れないとなかなか波をゲット
できませんが、老若男女が楽しくサーフィンする
メッカでもあり、特に女性ロングボーダーが多いことでも
世界的に有名なポイント。サーフィンも上手でかわいい女の子も多い。

toshiephtography-28

ベストスウェルは、北東または東のうねりで、大きい南東スウェルの時も
ブレイクし、風は南東、南西がクリーンでオフショア。

toshiephtography-25

The Pass の東側、Wategoes (ワテゴーズ)も同じような
ファンウェーブで、The Pass よりもメローで混雑度は低めかな。

IMG_0498

IMG_0712

私がバイロンベイに到着してから波もコンスタントにあり
透明度も高い。サーフィン中に亀やイルカに遭遇、なんてことも
珍しくありません。

バイロンベイのオーガニックで開放的な雰囲気も
最高ですが、「Byron is another planet 」と言われるぐらい、
オーストラリアの中でも独特で多種多様なカルチャーが入り混じる
メルティングポット。

オーストラリアは日本の国土の20倍ながら人口は2,400万人程度。
バイロンを離れて、混雑知らずの波とオーストラリアらしい田舎町も
見てほしいとおもって、旅の後半は、バイロンベイから南へ130キロの町、
ヤンバへと向かいます。

IMG_0610

オーストラリアの中でも1、2を争うぐらいワールドクラスの波が割れる
アンギャーリー。運良く?運悪く?サイクロン級の東うねりが急速に
発達し、到着してみれば、ゆうに6ftは超えるマシンブレイク。。。

IMG_0850

写真ではわかりづらいし、崖の上から見ると小さいですが、
人がテイクオフした時のフェイスの厚さと大きさといったら。。。

IMG_0853

IMG_0854

あまりにサイズが大きすぎてお呼びでないので(ニックは興奮していたけど)、
さらに南へ45分ドライヴ。

IMG_0874

IMG_0880

未舗装の道を抜けた先は、サンドンリーバー。

IMG_0864

ここは国立公園に指定されていて、南に面し、東からの風とうねりを
かわしてくれているポイントで貸切入水。

IMG_0870

IMG_0868

IMG_0867

誰もいないビーチでサーフィン。
バイロンベイの混雑が嘘のように思えるぐらい
静かで穏やかな時間が流れています。

IMG_0865

ヤンバでのステイ先は、キャンプ&ホームステイ。

IMG_0598

IMG_0604

ニックの友達でギャビーと愛娘セルキーのお宅にお邪魔しました。

IMG_0859

アンギャーリーのポイントからも徒歩圏内の好立地にあり
昔ながらのビーチハウスを彷彿とさせるような、少し古びた
つくりですが、それがまた趣があって温かみがあって
居心地がよい。

ナットヤングや、ビラボン創設者の自邸などもここにあります。
コンクリートの近代的な新築よりこういったラスティックでシンプルな
おうちのほうが落ち着きます。まるで我が家のようにくつろいじゃった。

IMG_0857

IMG_0968

キャンプスタイルなので、お庭にテントをはらせてもらったり
あるいは室内にマットレスをひいて寝たり。
このユルさが最高です。

IMG_0893

お庭には、マンゴーの木!
毎朝もぎとってかぶりつきます。
パパイヤやお野菜、ハーブなどたくさん元気に育っていて、
お料理もしがいがあります。

IMG_0595

IMG_0599

ホテルライクな快適さやゴージャス感はないから、人にとって
好き嫌い、向き不向きはあるけど、
地元の人の暮らしに溶け込み、同じ空間と時間を
共有することは、旅の醍醐味じゃないかなあ。

IMG_0986

到着した夜は節分ということもあって、HIROMIX KITCHENの出番。
みんなに日本の伝統と風習を説明しながら、西南西を
むいて願いを込めて、静かに恵方巻きをほおばりました。

IMG_0992

翌日ものんびり気の向くままにサーフィンしたり
散歩したり。

IMG_0905

IMG_0909

IMG_0930

ヤンバの市街にいけばお店は
たくさんありますが、アンギャリーのポイント近くにあるのは
よろず屋的なお店とカフェが2軒のみ。

家から一番近いSPOOKY BEACH

IMG_0894

ここでもメローな波で貸切サーフィン。

IMG_0962

IMG_0964

サーフィンの合間にはヨガレッスンも。

IMG_0939

IMG_0936

今後は、サーフ&ヨガのリトリートも企画していますよー。

2泊3日のサーフキャンプでしたが、もっとずっと長くいたような
感じで、それはきっとギャビーの温かいホスピタリティーのおかげかな。
朝昼晩の食事は私が担当したのだけど、最終日の夜は、美味しい
生春巻きをつくってくれて、みんなで火を囲んでBBQ.

IMG_0942

IMG_0978

地元の生協で仕入れいてきた新鮮な魚をグリルして青空ディナー。
家の中でテーブルに座って食べるより、外で芝生の上で
食べる方が美味しいのはなんでだろう。

火を囲むと人は心を解放し、ゆるやかになる気がする。
ギターで音を奏ではじめると、セルキーも歌を披露してくれた。
美味しい食事や音楽に言葉はいらない。
その瞬間瞬間が大事に、愛おしく思えてくる。

IMG_0945

IMG_0949

行きたい場所、目的地があって、まだ見ぬ景色と刺激をもとめて、
住み慣れた場所を離れて人は旅に出発するわけだけど、
きっと、どこに行くかは目的じゃなくて
そこに行ったときにどんな直感が働いて(そしてどれだけ
それを信じられて)どんな出会いを引き寄せられるか。

ガイドブックにのせられたお決まりの旅をゆくのではなくて、
どんな新しい刺激的な出会いがあって、
ともに何をし、どんな時間と経験を共有したかが旅の濃さを
決める気がする。

そして、それは次の旅へと連鎖して、
また次の出会いやつながりを呼び寄せてくれて
結果的には自分の人生をより色濃いものにしてくれる。

満点の星空のした、ギターの音色を聴きながら、
いまここにいられること、8年かかって思い描いてきた
夢が少しずつ形になりそうなことに感謝しながら、
そんなことを思いました。

2泊3日のヤンバトリップもあっという間。
ギャビーとセルキーに別れを告げ、
またバイロンへ戻って旅の最終日。

最後の晩餐をみんなで囲んで、
旅の思い出を語りながら、旅も終わりへ。

IMG_0975

でも、終わりがあるから、次のはじまりがある。

人生という名の旅が今日もまた
はじまります。

以上3回にわたってお届けしたバイロンベイツアーVOL1 !

こんな感じでゆるりとアットホームな旅のスタイル、
おもてなしのカタチをお届けしたいと思っています。

現在バイロンベイで会社設立準備中ですので、
ホームページが出来次第、今後のツアーの企画や予定などは
お知らせしていきますね。