開催報告〜Girls Surf & Yoga Camp Vol2. Spring 2014!

2014 / 05 / 12

4月初旬、少し暖かくなってきた森と海で、
ガールズサーファー&ヨギーニたちを集めた企画、
Girls Surf & Yoga Camp VOL2. Spring 2014を無事開催しました!

ご参加頂いた元気いっぱいガールズたち、協力してくれた
サーフィンコーチ兼カメラマンの吉澤健太郎くん
フタバフルーツの成瀬大輔さん
サンバゾンの樺澤ひとみちゃん
ライブをやってくれた宮崎ひとみちゃん
そして森の住人のみなさま、
ありがとうございました!

今回は、10人と小規模だったせいもあって
みんなで海も入れたことで、初対面同士でも一気に
距離感がぐっと縮まって合宿気分満載!

ほんとうに、よく笑い、よく動き、
よく食べ、たくさん波にのって、ヨガして、盛りだくさんの2日間でした。

まず初日は、御宿でサーフィン。
この人数で入るのはかなり気がひけますが、、、
まあ、みんなハッピーバイブス満点の女子ってことで
多目にみてくださいませ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

御宿だと水もだいぶ暖かくなっていたし、
砂浜も水もきれい。

海と戯れた後は、がっつりランチ!ということで
大食い女子たちが向かったのは、新鮮な海の幸が頂ける
御宿の食堂。そのボリュームといったらハンパじゃありません。
それでもぺろりと平らげてしまうのがサーファーガールズたち。
*ここが普通のヨギーニとは異なる点!(笑)

IMG_6600

そして森にチェックインから、
ヨガセッション。最初は私がインストラクターを務めました。

IMG_6665

生憎、外が雨っぽく、地面が湿っていたので
虹の谷のステージではできず..本来なら
鳥のさえずりや木々が揺れる音を聞きながらやりたかったのだけど
十分大自然のパワーは感じてもらえたと思います。

IMG_6666

IMG_6667

そして、また食べる、食べる!
夜は、森のカレー屋さんプリムローズの美味しいカレーのディナー。

IMG_2131

IMG_2134

焚き火を囲みながら、宮崎ひとみちゃんのライブもあり、
心地よい音楽に酔いながら、夜はふけり

IMG_2155

IMG_2162

IMG_2182

IMG_6618

それでも、おしゃべりは止まらず...
夜中2時ころまでガールズトーク炸裂。
どこまでも元気いっぱいです。

1454906_670143933022568_737277272_n

でも、翌朝もばしっと起きて
ヨガセッション2回目。
チャクラのワークショップを取り入れて
たまおちゃんがインストラクション担当。

IMG_6622

そして、やっぱり運動した後は、おなかが空いて
またいっぱい食べる食べる。

サンバゾンのアサイーボウルに、
フタバフルーツのフルーツをたっぷりトッピング。
さらに、今回はスペシャルコラボ企画で
毎週日曜に虹の谷にオープンする「ベーグルカフェ」
にお願いして、女子ココロをくすぐるベーグルメニューも
用意してもらいました。

IMG_6638

美味しい、ヘルシーな朝食を前に、満面の笑み。

IMG_6648

外で頂く朝食は、なんとも贅沢な朝じかん。

IMG_6651

IMG_6654

どんだけ食べるんでしょ..笑。

食べた分は、消費しないと!ということで
サーフィンへレッツゴー。

日頃、ロングボーダー女子の大所帯を北千葉で見ることは
そうそうありませんが、人が少ない時間帯を見計らって
入水させてもらいました。

1012147_10154027122970074_423885442_n

10155941_670406222996339_469705772_n

みんなで海に入ると、ほんとうに楽しい。

海でおしゃべりしていると、実はけっこうにらまれたり、
嫌な顔されたりすることもあるけど、
サーフィンは笑顔で、楽しくやらないとね。

あと、基本的なことだけど、
波チェックする時にすれ違う人や
海で目があったら、とりあえず挨拶する!
ことを個人的には心がけています。

IMG_2272

IMG_2276

IMG_6656

そして、このサーフィンセッションの後も、
当然、一宮のB級グルメの定食屋につれていき、
またたらふく食べた女子達でした...

外房の手つかずの大自然、
スローな時間、ゆったりとした空気感
でこそ叶うこの企画。

ただただそこにある森と海の雄大さに
とけ込み、この時間を共有できたことを
嬉しく思います。

第3回目は秋頃開催予定!
こうご期待〜。