森の中のサーファーズハウス。”SURFSHACK” にインタビューしてもらいました!

2013 / 11 / 03

ベニスビーチから帰ってきたら、
ベニスビーチから、ステキなゲストが我が家にやってきました。

IMG_3954

昨年の秋、Typhoon Surfersの撮影で我が家にステイしていた
アレックとジェイクの紹介を受けて(その時の様子は、こちら
新婚旅行で来日中のマットとコートニーが森の家へ。

ずっと来てみたかった、というはじめてのニッポン。
見るもの、食べるもの、出逢うもの、全てが新鮮で
インスピレーションと学びにあふれていたそう。

新婚旅行中のカップルが我が家にステイするのは
どうかと思ったけど、手料理や日本流のおもてなし、
アットホームさが、かえってよい思い出になったみたいです。

Hiromix Kitchen ディナーのメニュー

*厚揚げの黒ごま味噌、柚子胡椒のせ
*ネギ焼き
*根菜の酒粕豆乳ポタージュ
*小松菜のタヒ二和え
*茄子とオクラの煮浸し

IMG_3917

ベジタリアンのコートニーもご満悦!

Hiromi3

森を散策したり、一緒にサーフィンしたり。

P1030472
Photo by Matt Titone

P1030493
Photo by Matt Titone

そして。
泊めてくれた御礼にと、マットが立ち上げた
INDOEKというサーフカルチャー/ライフスタイルブログの
“SURFSHACK” (=サーファーのお宅訪問)というコンテンツで、
森の家を紹介したいというので、喜んで!

P1030411
Photo by Matt Titone

P1030541
Photo by Matt Titone

本職がデザイナーというマット。
友人とITALIC STDUIO というデザイン会社を
経営し、過去には、GOOD MAGAZINEのプリウスキャンペーンも
手がけたりと、そのクリエイティビティとセンスは抜群。

とそんな過去の仕事話をマットをしていたら、
まさに、GOOD MAGAZINE のクリエイティブディレクターで
私がベニスで会ってきたばかりのケイシーとは、プリウス
キャンペーンで一緒に仕事をした!というから
これまたミラクルなつながり〜。

*マットへのインタビューは、こちらをみてね。

INDOEKは、そんな彼のサイドプロジェクトで
大好きなサーフィンとアート、デザインを
つなげているライフスタイルブログ、ブランドで
オリジナル商品として、ティピやワックスケース、
Tシャツなどのデザインと制作も行なっています。

そのコンテンツのひとつ、SURFSHACKSは、
オシャレなクリエイティブサーファーのお宅訪問。

kassia Meadorのベニスビーチの自邸や
うちにステイしていたJake のトパンガの家にまじって
我が家が載ってるーーー!光栄です。

P1030398
Photo by Matt Titone

P1030363
Photo by Matt Titone

ウェブサイトも、写真も、すごくセンスよくキレイに、
シンプルにまとまっていて、とにかく、カッコいいのです。

全編英語ですが。家のこだわりポイントや
仕事のこと、暮らしのこと、これまで受け入れたゲストのこと
最近始めた食のケータリングプロジェクト(hiromix kitchen )のことなど
書いてあるのでよかったら、コチラからのぞいてみてくださいね。

Hiromi4
Photo by Matt Titone

Hiromix Kitchen 。最近では、盛りつけや、みせ方の工夫も
重要なプレゼンテーション。こうやって撮ってもらうと
料理もおいしそうにみえますね。

P1030283
Photo by Matt Titone

P1030307
Photo by Matt Titone

他のSURFSHACKの記事もすごくステキで
ほんとうに、彼らのお宅にお邪魔しているような写真は、
みているだけでも気分があがります。

P1030370
Photo by Matt Titone

世界のどこに住んでいても、どんな仕事をしていても、
同じ感性をもつ人って、いつか、そのタイミングがきたら、
ちゃんとつながるように、社会の仕組みは不思議とうまくできている。

我が家に訪れるたくさんの人とは、そんなつながり、絆を感じます。

必要なモノや、必要なことや、必要な人は、
ほんとうに欲すれば、向こうから、
その時がきたら、ちゃんとやってくる、そう思います。

サーフィンの後に、のんびりコーヒーを飲みに
しばしば訪れる TRAVEL COFFEE のオーナー
シンボさんにも取材協力頂き、こだわりの
お店とエアストーリムの自邸については
次回のSURFSHACK でフィーチャー予定とのこと。
お楽しみに。

IMG_3944

もしかしたら、今度は、SURFSHACKの記事をみた人が
我が家に遊びに来ちゃうかも?!

それはそれでまた新しい出逢いに感謝ですね。