Viva California ! Part 1. サーフライダー国際会議とHurley Pro 2013

2013 / 10 / 27

2007年、サーフライダーのボランティアとしてかかわり
はじめてから一回も!欠かす事なく参加してきた
毎年各地で開催されるサーフライダー国際会議。

2007年は、サンクレメンテ(カリフォルニア)
2008年は、ブージオス(ブラジル)
2009年は、サンクレメンテ(カリフォルニア)
2010年は、鴨川(ジャパン!)
2011年は、ビアリッツ(南仏)&サンセバスチャン(スペイン)
2012年は、ロングビーチ(ニューヨーク)
*昨年の旅の様子は、こちらからどうぞ〜。

世界中の同志が集まり、つながり
悩みや問題を共有し、励ましあい
サーフして、飲み明かして。

サーフライダーと出逢ったことで
世界中に波乗り仲間ができた。

海はひとつ、全てはつながっていて、
その海を守るために、こんなにもたくさんの人が
パッションをもって活動している。だから、
私もがんばろう!といつも、原点に
立ち返らせてくれる。

今年は、サンディエゴ(カリフォルニア)での開催ってことで、
4年ぶりにカリフォルニアへ行ってきました!

CIMG0207

IMG_3252

イベント出展などを手伝ってくれている
ボランティアで、パタゴニアサーフ千葉のスタッフ
竹本雅史くん(竹ちゃん)を連れて。
*実は、竹ちゃん、初海外!ってことで
相当興奮してました。

CIMG0151

CIMG0221

GOPR0088

IMG_3136

ジャマイカからの参加、Duane (デュエイン)は
レゲアミュージシャンが本業.

IMG_3153

check out his PV !

サーフライダー国際会議の様子は
こちらのレポートを読んでね。

国際会議が終わったあとは、
ここ数年、恒例となったCEOサミットということで、
相棒ジム(サーフライダーUS代表)とステファン(ヨーロッパ代表)
との大切なメンタリング時間。

IMG_3254

ジムが庭に自作した、かわいい Surf Shackは、
ゲストルームになっています。

IMG_3274

IMG_3275

去年は、3人が3人ともに、「いつ辞めるか.. 」
みたいな暗いテンションでしたが、今年はうってかわって
3人とも表情は明るく、この一年におきたポジティブな変化、
お互いの成長を報告しました。

私(SFJ)にとっては、新規に理事が4名就任したことで
組織にあたらしい風が入って(その分、大変なことも
多いのだけど)、いままでとは違う視点、考え方を取り入れて、
事業戦略を再設計しはじめています。

SFJは、環境保護NGOではあるけど
その運営は、企業のそれとなんらかわりなく
ビジョンを掲げ、資金をあつめ、事業(活動)を行なう。

ただ、NGOの場合、企業と違って利益追従が命題、
議論の余地がない、絶対の目標というわけではないので、
海を守りたい、という(大事な)個人的な情熱や異なる倫理、
価値観が多様なまま混在するため、それをトップダウン的に統制するのも、
同じ方向を向かせることも、なかなか難しい。

でも、何事も、変化の時は、その変化を「受け入れる」ことより
だいたい、抵抗、反発、恐れ、不安などの方がまさって
浸透するまでに時間もかかるから、焦らず、
じっくりと、自分の言葉で、丁寧に語りかけていけばいいんじゃないかと..
思うようにしています。

IMG_3284
ジムと奥さんのアンドレアに感謝の気持ちを込めて
豆腐ステーキの野菜あんかけをつくってあげました〜!

さて。
ジムのサンディエゴのおうちに数日ステイしたのち、
遅めの夏休みをとって向かったさきは、Hurley Pro 観戦@Trestles !

IMG_3289

アンバサダーを務めさせて頂いているSambazon
大会オフィシャルスポンサーという事で
ブースにもご挨拶にいきがてら、コンテストも観戦。

IMG_3293

同じく出張できていたBeWet社長の誠さん、
ハーレー創設者のボブハーレーさんと。

IMG_3395

波は小さかったけど、
トッププロのサーフィンは、さすが。

ファイナルは、オージー対決で
優勝は、タジ・バロー!!

IMG_3389

準優勝は、ジュリアン・ウィルソン。

スペシャルエキシビションもあり、
ロブ・マチャドとのサーフィンセッションをオークションで
勝ちとった5人の選手が、トラッセルズの波を
貸し切りでサーフィンするというもので、
オークションの売上は全額トラッセルズの
環境保護につとめる地元のNGO San Onofre Foundationに
寄付されるという仕組みでした。

IMG_3304

こうした環境的な取り組み、環境への配慮は、
世界のサーフィンコンテストでは、ほぼ
アタリマエになってきていて、日本でも
もっと広げていきたいなあ!

大会会場でも、ペットボトルを配るんじゃなくて
水筒をもってくれば水がリフィルできるオシャレなブースが
設営されていました。

IMG_3391

IMG_3302

IMG_3348

こちらは、ロブ・マチャドが主宰する財団
Rob Machado Foundation
とHurleyの社会貢献プログラム H20、「Hydration Nation」
取り組み事例。

これは、給水タンクを学校に設置し、
生徒たちに使い捨てのペットボトルを購入、利用する
かわりに、H20のオリジナルタンブラーを購入してもらうことで、
ニカラグアやブラジルなど、衛生的な飲料水が確保されていない
国々に、水の浄化フィルターシステムを導入するファンドレイズ
プログラムです。

実際に、ロブ自身も学校に出向いて、
水資源の大切さや、使い捨てペットボトルの削減を
訴え、子どもたちへの環境教育を行なっているようです。

そして、現地現場の問題をみずから見て、確かめ
(最近はニカラグア)
浄化フィルターシステムの設置、導入にも立ち会い、
そのソリューションを提供していることが、ほんとうに、
リスペクトですね。

今回のステイ先は、サンバゾン設立者の
ブラック兄弟(兄ジェレミー、弟ライアン)のおうち。
ジェレミーとは約一年ぶりの再会、
ライアンは6月以来。

IMG_3369

サンクレメンテのビーチが見える〜!
IMG_3396

コンテストが終わって、アフターパーティーにも
誘って頂き、見渡せばトッププロが勢揃い、有名人だらけ...

IMG_3398

ちなみに、このパーティーの4日後、フィアンセのソフィアと
結婚式をあげたロブ!もうすぐ赤ちゃんも産まれるとのこと。
おめでとうございます!

IMG_3397

陸にあがったジョンジョンは、
あどけなさが残る少年のようでした..

下の写真、右から2番目のエリックは、ジョンジョンの映像を手がける若きフォトグラファー。

IMG_3382

IMG_3364

IMG_3375

 

サンクレメンテピアを見下ろすお屋敷にて
華やかなパーティーに圧倒されながら、
大変幸せなひとときを過ごさせてもらいました。

IMG_3356

Thanks Sambazon !

IMG_3399
私のとペアルックになるようにと、わざわざ赤のシャツに
着替えてくれたお茶目な弟ライアン。

次に向かったさきは、ベニスビーチ。

IMG_3670

昔からアートやストリートカルチャーが
混在するタウンだけど、ここ数年は、ぐっと
ハイソな感じに、ヒップになってきたというので
旧友と久々の再会、ハングアウトしつつ、
Hiromix Kitchen のプロジェクトアイディアを
模索しに、街をぶらぶらしてきました。
その様子は、次回のブログで。