暮らしの営みと生業のバランス

2012 / 05 / 10

あーー、あっという間に6月になってしまう。
ブログも放置しつづけてしまったので、
まとめてここ最近の出来事をかきますと、
34歳になりました!

自分でもびっくり!34歳って、いい大人だなーって数字だけ見ると
思いますが、中身も(たぶん外見も)あまり変わっていないような気がします。

そして、森に移住して1年が過ぎました。
森の住人や友たちが集まってお祝いしてくれました。
ありがたや。

千春ちゃんの送別会とあわせて開いたパーティーには、昼の部@プリムローズ

夜の部@我が家

あわせて、総勢70名ぐらいがきてくれたんじゃないかと...
老若男女、多国籍、きてくれたみなさん、そしてステキなプレゼントをどうもありがとう!
頂いたモノ、ぜーーーんぶ嬉しかったけど、中でもビッグプレゼントは
手作りサーフボード Shaped by 大園さん

大園さんはプロのシェパーではないけど、ステキな内装や
各種造形を手がける会社の社長さん。
サーフボードづくりにハマっているのです。
んで、なんと2枚も削って頂きました。
かわいいピンク色は、6″6, 激シブ、レトロなアライアっぽいボードは6″0.
果たして乗りこなせるのか・・・でも波乗りの楽しみが増えて嬉しい!
大園さん、ありがとうございます!

そして、やっぱり手作りのものって暖かみがあって嬉しい。
こちらは、貰いモノというよりDIY作品だけど、ルームメイトの
こういちくんとつくった、靴置き場!

廃材と使わなくなったお風呂のスノコをリサイクルしてつくったよ。
これでお客さんが来ても玄関に靴が散乱することがない!


材料を並べてデザインを描いて、2時間で完成!

パーティーの翌日、千春ちゃんは福岡へと旅立っていきました...
さみしくなるああーーー。


まるで近所のお買い物にいくような身軽さ

そして、森の家は、気持ちのいい季節を迎えています。
眠っていた草花たちは、一気に芽吹き、ぐんぐん毎日
成長しています。田んぼにはカエルの大合唱が響き渡り
森暮らしで日々目にする自然の変化、耳に聞こえてくる自然の営みに
囲まれているだけで、ココロが洗われていきます。


毎月第2土曜に開催される「森の朝食会」

J-WAVE LOHAS SUNDAY のナビゲーターをはじめてもうすぐ2ヶ月。
最初の頃の硬いしゃべりは多少抜けてきたとはいえ、3時間の生放送の
緊張感と脳みそのフル回転度はハンパじゃありません。終わった頃には、
どどーーーっと疲れます。

そして、やっぱり、やり始める前に思っていた悩みに早速ぶちあたって
早くも落ち込んだときもありました。

都会での地に足がついていない暮らしと生業のアンバランス感が
気持ち悪くて、やっていることにリアリティを感じられず、
そうおもって自然の中に移住して、
さあ、これからゆっくりと丁寧な暮らしを営んでいくぞ!と
おもっての脱東京だったのに、結局また東京で仕事に
追われはじめている自分がいるじゃないかって。

そして、それよりも何よりも、ラジオのゲストで
お招きする人たちは、みな何かに情熱的に向き合っていて
本気に生きていて、言葉に重みがあって、実感がこもっていて、リアリティがあって
暮らしの営みと生業が一致している人たちばかり。

そんな人たちを目の前にしてトークをしていくと、自分の薄っぺらさと
結局は何も成し得ていない中途半端さを思い知らされる。
情報だけは入ってくるけど、ただただアウトプットするばかりで
インプットがなくなって、そのうちスカスカになってしまうんじゃないかと
変にナイーブになってしまう。

でも、自分が会いたいと思うステキなゲストに出会えて
新しいつながりと気づきとパワーをもらえているのは
間違いないから、自分に何がないかを憂うより
何をもっているかを改めて見直して、気持ちいいと思えるような
毎日の暮らしの営みを充実させてうまくバランスをとっていきたいと思います。

いくつになっても、人生は学びの連続だ!


六本木ヒルズ33階のJ-WAVEスタジオへは毎週日曜朝4時入り!No more Saturday night parties !